自動売買 投資のちぐら

自動売買をいい塩梅に使って投資

大型連休に思うこと

内容がどんどんブログタイトルから離れていますw

 

現代って、ただ働くだけじゃなく、ほかにやる「べき」ことが多すぎると思います。

 

家庭についていえば、

ライフワークバランス

男性の育児休暇

週休三日

いろんな政策を政府がぶち上げて、

 

それを受けて、マスコミは、「イクメン」をとりあげ、プライベートで家族に料理をふるまうタレントがいたり、余暇の楽しみ方も多様化して、実際休日は目いっぱい遊んでいる友達もいたり、最近だと週休三日なんてことも言われ初めて。

 

そんな情報を見聞きして、「もっと家庭を大事にすべし」みたいな考えが、浅く広く刷り込まれた結果、それを実現するためにどれだけ深く色々考えなきゃいけないかをすっ飛ばして、社会全体の無言の圧力を作り出してるんじゃないかと思います。

 

価値観の多様化とでもいうのでしょうか?

でも価値観って、みんな個々に違うとは思いますけど、大部分は他人の姿や、情報を見聞きして「隣の芝が青く見えた」ことを都合よく自分のものであるかのように主張しているだけじゃね?と違和感を感じることもあります。

 

「100%全力じゃなくてもいいんだよ。」という声もあるかもしれませんが、もとが「隣の青い芝」を見てしまっているものだから、そういいつつも「100%全力」を求めている気がしてなりませんw

 

仕事でも100%を求められ、家庭でも100%を(無言のうちに)求められ。

 

もちろん、共働き家庭が多くなったことから、配偶者の側の環境変化も大きいです。

夫=仕事、妻=家庭でバランスが取れていたのが、

夫=仕事、妻=仕事+家庭 になれば、

夫が「+家庭」を求められるのは当然でしょう。

 

 

当たり前ですが、耳障りの良いキャッチコピーを浅く広く垂れ流すことより、それを実現するためにどれだけ深く考えさせるかを啓蒙する方が大切だと思います。

 

情報の受け手も、取捨選択する能力だけでなく、選択した情報についてどこまで深く考えるかが大切だと思います。

 

仕事でもそうですが、ジェネラリストばかりじゃありません。

あれもやるべき、これもやるべき、では、早晩、日本はパンクしてしまいます。

 

・・・あ、私は家庭が嫌なんじゃないです。

くたびれますけどねw